しぐまろキッチン

お弁当やおうちごはん、節約、家族、ダイエットや趣味、悩みの尽きない主婦のお役にたてれば何よりです

トップイメージ画像
お料理日誌区切り線

茄子は、旦那さんも好物の野菜。
我が家の手軽に使えるナスの冷凍保存方法です。

茄子(なす)の冷凍保存

ナスは水分の多い野菜。
そのまま冷凍するには向きません。
でも、ナスをそのまま冷蔵庫で保存すると、タネの部分が黒くなっって、だんだん萎びてしまいますよね。

茄子をキレイに保存するなら、揚げてからです。

色も鮮やかなまま残すなら、油で揚げてからの保存がおすすめです。
ナスを茹でたり煮たりするとナスのキレイな紫色が飛んでしまいます。
茄子は油との相性がとってもいいのです。

難しいことは特にありません💧
乱切りなどで適当な大きさにカットした茄子をさっと高温の油にくぐらせるだけです。

茄子には 生活習慣病を予防する ナスニンとう成分が含まれています。
夏バテにもいいので、ぜひ夏にはしっかり食べておきたいです。
茄子は調理の前、水にさらしてあく抜きをしますが、油調理の場合は気にせずそのまま揚げて大丈夫です。
水に長時間さらすと、ナスニンの成分は流れてしまいます。
油調理でナスニンをしっかり吸収できるので、おすすめの調理法です。

冷めたら、ジップロックやタッパーで冷凍保存します。
茄子(なす)の冷凍保存
おすすめの保存方法は、パラパラ冷凍
まずトレイなどに並べてラップをかけて冷凍し、凍ってからタッパーなどに移して冷凍のまま保存します。
パラパラ冷凍は、必要な分だけ取り出せて、お弁当などに使いやすくおすすめです。

冷凍保存した揚げナスは調理も簡単。
味噌汁には凍ったまま入れるだけで茄子の味噌汁が完成。
めんつゆなどにつけておけば、冷たい煮びたしに。
炒め物やあんかけにも具材として入れるだけ。
レンジでチンすれば、そのまま和え物やトッピングにも使えます。

茄子とピーマンの味噌炒め。 茄子(なす)の冷凍保存 あっというまにできあがります。

この記事のレシピArchive:
» 仕込みのレシピ

この記事の素材Archive:
» 茄子(なす)

このエントリーをはてなブックマークに追加