しぐまろキッチン

お弁当やおうちごはん、節約、家族、ダイエットや趣味、悩みの尽きない主婦のお役にたてれば何よりです

トップイメージ画像
お料理日誌区切り線
フレッシュ青じその保存

大葉(青じそ)をフレッシュなまま保存する方法です。

青じそ、買ってきたまま冷蔵庫に入れておくと、変色したり、しおれてしまったり・・・なんてことありませんか?

大葉(青ジソ)は、抗菌効果のある葉。
ごはんに混ぜたり、おかずに混ぜたり、お弁当の仕切りに使ったりと、特に夏はあると嬉しい野菜。
日々のお料理に使えるよう、我が家でフレッシュなまま保存している方法を紹介します。

青じそは良く洗い、水分をふき取ってから保存します。
フレッシュ青じその保存 保存にはペットボトルをカットしたものを使っています
短い茎が浸る程度の少量の水を入れ、青じそを立てて入れます。
もう一方のカットした部分はフタ。
切り込みを入れるなど、差し込みやすくしておきます。

この状態で冷蔵庫で保存します。
2日に一度は水を取り替え、新鮮な水に浸すようにしてください。
何日も同じ水のまま放置しておくと、水に雑菌が繁殖してしまいます。

蓋つきの容器であれば、ペットボトルじゃなくてもかまいません。
立てて保存できる程度の筒形容器などでも大丈夫です。

食材は味や栄養面からも新鮮な状態で使い切るのがベスト。
でも、いつでも買い物に出かけられるわけでもないので、上手に使う工夫も必要になります。

この方法はパセリなどにも有効です。
青じそのペットボトル保存、取り出してすぐ使えるので、薬味などにも重宝します。 ぜひお試しください😊

この記事のレシピArchive:
» 仕込みのレシピ

この記事の素材Archive:
» 大葉・青じそ

このエントリーをはてなブックマークに追加