しぐまろキッチン

お弁当やおうちごはん、節約、家族、ダイエットや趣味、悩みの尽きない主婦のお役にたてれば何よりです

トップイメージ画像
お料理日誌区切り線

きぬさやの下ごしらえ、筋の取り方って?
彩りに使うものだから見た目も綺麗に処理したいですね。

きぬさやの選び方
当たり前ですが、緑のきれいなものを選びます。
豆の形がぷくっと大きいものは、硬いので筋も多く、口の中に残りやすいので、筋を取ったら煮物などに使います。
彩りに添えるには、さっと塩ゆでで、硬くなく食べられるものがベスト。
なるべく、薄くみずみずしいものを選んでください。

筋の取り方
若いきぬさやの場合は、完璧に取り除かなくても筋が残らず食べることができます。
一方、良く育ったものは、筋が邪魔して食べにくいのでしっかり取ることをお勧めします。

きぬさや

写真のように、きぬさやの筋は上側にあります。
帽子をかぶっている部分をパキッと上側に折り、端に向かってそーっと筋を取ります。
力強く引っ張ると、途中で切れてしまうのでゆっくり、そっと引っ張ります。

もし、途中で切れてしまったら、反対側から同様に。

若いきぬさやは筋も細く柔らかいので、細くなりすぎて途中でなくなってしまうことも。
その場合は、そこまででOK。

先端まで太い筋がある場合は、しっかり取り除いてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加